ライバーに向いている人と向いてない人の違いについて解説!

公開日:2022/05/01  最終更新日:2022/05/27


昨今、ライブ配信でお金を稼いでいる人が増えています。しかし、配信をすれば誰でも稼げるというわけではありません。せっかくライバーになったとしても、なかなか収益につながらないということも珍しくないでしょう。そこで、今回はライバーに向いている人とそうでない人の違いや特徴について解説します。

ライバーはスマートフォン一台あれば誰でもなれる!

スマートフォンがあれば誰でも簡単にライブ配信ができます。パソコンや特殊な機材がなくても、カメラが付いたスマホがあればいつでもライバーになれるのです。というのも、YouTubeなどの動画配信サービスとは異なり、動画編集作業が必要ないので専門的な知識や経験が必要ありません。YouTubeの場合は動画編集をしたり、専用のソフトやアプリが必要になったりすることがほとんどです。

しかし、ライブ配信の場合はリアルタイムで映像と音声が配信されるので編集の工程がありません。そのため、スマホがあればいつでも配信できるのが特徴といえるでしょう。また、配信中に視聴者から投げ銭やチップをもらえる場合もあり、お金を稼げるツールとして使用することも可能です。最近はライブ配信で数百万円も稼いでいる人気ライバーもいます。YouTubeのように一度に高額な収入を得られる可能性があることから、ライブ配信者が増加傾向にあります。

ライバーに向いている人の特徴

ライバーはライブ配信中に特技を披露したり、趣味を紹介したり、さらにファンとのコミュニケーションを通して投げ銭やチップを得られるでしょう。そのため、ライバーとして活躍するには高いコミュニケーション能力が求められるでしょう。とくに話すことが得意な人が向いています。ライブは世界中に配信されるので、不特定多数の人に見られる可能性があります。

そして、視聴者からコメントされることも多く、しっかりと対応することでファンを獲得できるのです。したがって、コミュニケーションを取ることが得意な人がライバーに向いているといえるでしょう。

また、ハプニングにも冷静に対応できる能力がある人も向いています。ライブ配信は生放送なので、何が起きるか分かりません。そのため、配信中に何らかのトラブルやハプニングが起きてしまう可能性もあるでしょう。ハプニングが起きても機転をきかせて笑いに変えたり、面白エピソードにつなげたりできるかがポイントになります。

そのほか、特技がある人もライバーに向いているでしょう。ライブ配信では単にトークを流すだけでは視聴者が飽きてしまうかもしれません。ただ、マジックや楽器演奏などの特技があれば、配信中に披露して視聴者に楽しんでもらえるでしょう。マジックや楽器演奏のほか、歌やダンスが得意、書道が得意など、自分の得意分野を披露できる人がライバーとして活躍しやすいです。

また、定期的にライブ配信できる時間があるかどうかも重要です。一般的にライブ配信の時間は長いほどよいといわれています。そのため、隙間時間や空き時間などの短時間でしか配信できない場合は視聴者を獲得できない場合もあるでしょう。しかし、配信時間を長く割ける人は比較的ファンを獲得しやすい傾向にあります。そのため、ある程度の時間を配信時間として使える人のほうが向いています。

ライバーに向いてない人の特徴

一方、ライバーに向いていない人は継続力がない人です。ライバーとして収益を上げるには長い道のりが必要でしょう。というのも、ライブ配信を始めたころは視聴者がゼロの場合も少なくないのです。そのため、地道に配信を続けてファンを獲得しなければなりません。つまり、短期間で成果を求めたい人にはあまり向いていないでしょう。毎日コツコツと配信を続けられる継続力のある人でなければ、ライバーとして活躍するのは難しいかもしれません。

また、配信自体がつまらない人も向いていないでしょう。投げ銭やチップはファンがライバーに対して応援の意を込めて送るものです。つまり、配信がおもしろくなければチップをもらえないどころか、ファンがついてくれない可能性もあります。得意なことがなかったり、会話が苦手だったりする人はライバーとして活躍するのは難しいでしょう。

そのほか、ネガティブな人も向いていません。配信中にネガティブな発言ばかりする配信者には人が集まってきません。視聴者側も見ていて気分が悪くなってしまうので、ネガティブな発言ばかりする人は活躍できないでしょう。

さらに、ファンからのコメントを無視する人も向いていません。ファンは配信を楽しみにしているだけでなく、配信者とのコミュニケーションを楽しみにしていることも少なくありません。しかし、ファンからのコメントを無視しているとファンが減ってしまう可能性もあるでしょう。

 

スマホ1つで誰でも簡単にライバーになれます。しかし、ライバーとしてお金を稼げる人には特徴があるのです。しっかりとファンとコミュニケーションを取れるか、配信時間を確保できるか、さらにハプニングにも冷静に対応できるかがポイントとなるでしょう。一方、継続力がない人や配信が面白くない人、ネガティブな発言ばかりする人はライバーとして活躍していくのは難しいかもしれません。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

近年、インターネットを通してさまざまなライブ配信ができるようになってきました。そして「ライバー」というライブ配信者が主流になりつつあり、一つのビジネスになっています。しかし、ライバーを狙った
続きを読む
ワンカラット 住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 Link Square Shinjuku 15F HP内にてLINE登録 有名ライバーを多数抱えるワンカラットは、次世代のインフルエンサ
続きを読む
ライブ配信を行って収入を得ているライバーは、近年若い世代を中心に人気を集めています。ライバーを見るのはもちろん、自分もライバーとして活動している方もいるのではないでしょうか?ライバーは自分1
続きを読む